瀬古リーダー レースで坂経験「元気で行けば大したことない」

[ 2018年6月1日 05:30 ]

東京五輪マラソンコース決定

東京五輪のマラソンコースについて語る瀬古プロジェクトリーダー
Photo By スポニチ

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)は「緊張感が出てきた。いよいよだな」と興奮気味に語った。かつての東京国際マラソンでは坂の一部を走った経験があると言い「元気で行けば大した坂じゃない。暑いのが好きと思える人が勝つ」と話した。

 また、東京五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップについて「6月中旬までには発表したい」と明かした。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年6月1日のニュース