長谷川 インフルで隔離、19日男子500 熱下がり快方へ

[ 2018年2月15日 05:30 ]

平昌冬季五輪 スピードスケート男子 ( 2018年2月14日 )

スピードスケート男子の長谷川翼
Photo By 共同

 スピードスケート男子短距離に出場する長谷川翼(24=日本電産サンキョー)がインフルエンザにかかって一時的に選手村を離れたことが14日、分かった。既に熱は下がり快方に向かっているという。メダルを狙う男子500メートルは19日に行われる。

 13日に39度台の高熱を出し、検査の結果インフルエンザA型と判明。日本選手団の支援拠点「ハイパフォーマンスサポート・センター」に隔離された。軽く体を動かしながら、氷上練習を再開するタイミングを見極める。現時点で他の選手の感染はないという。長谷川は昨年末の代表選考会で国内最高記録を塗り替える34秒60をマークした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月15日のニュース