片山 初五輪も物おじせず7位、90点届かず「順位は悔しい」

[ 2018年2月15日 05:30 ]

平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝 ( 2018年2月14日 )

 男子ハーフパイプ決勝 競技を終え引き揚げる片山来夢
Photo By 共同

 W杯で優勝の実績がある片山は1、3回目に大きなミスのない演技を披露したが、90点に届かなかった。表彰台が遠い7位。「決めることは決められたけど順位は悔しかった」と嘆いた。

 「テレビで見る方が五輪という感じがする」と初めての大舞台にも物おじせず。「他のライダーを見て燃えるものがあった。次の目標が明確になった」と今後の巻き返しを期した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月15日のニュース