メダル第1号の原帰国 来月3日開幕、W杯初の表彰台見据える

[ 2018年2月15日 05:30 ]

平昌冬季五輪 フリースタイルスキー・モーグル男子

銅メダルを胸に帰国した原(左手前)は待ち受ける人たちと喜び合う
Photo By スポニチ

 日本選手団メダル1号となったフリースタイルスキー・モーグル男子銅メダルの原大智(20=日大)が羽田空港着の航空機で帰国した。到着ロビーには約100人のファンが集結。ファンからの握手の求めにも丁寧に応じ「小さい頃、有名になりたいと思っていた。少しは近づけたかな」と誇らしげな表情を浮かべた。

 今後は来月3、4日に日本で開催されるW杯(秋田・たざわ湖スキー場)に出場予定。また原の地元である東京都渋谷区の区民部オリンピック・パラリンピック推進室は、春に凱旋パレードを実施する方向で検討に入った。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月15日のニュース