羽生が最終調整「ファンの皆さんが待っててよかったと思ってもらえる演技、自分の期待を超える演技を」

[ 2018年2月15日 15:16 ]

SPへ向け練習に熱が入る羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 平昌五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)の前日練習が15日に江陵アイスアリーナのサブリンクで行われ、66年ぶりの連覇を狙う羽生結弦(23=ANA)が精力的にジャンプを跳んで最終調整した。

 最終グループのライバル達の前で跳んだジャンプは合計19本。韓国入り後4度目の公式練習で初めて4回転ループに成功するなど4回転ジャンプは計10本跳んで8本着氷した。

 練習の終盤には4回転トーループ―1回転ループ―3回転サルコー―1回転ループ―3回転サルコーの5連続ジャンプも披露した。11月に痛めた右足首の順調な回復をアピールし「(右足首は)今のところ問題ない。何も心配なく、滑れる幸せが大きい。ファンの皆さんが待っててよかったと思ってもらえる演技、自分の期待を超える演技をしたい」と語った。

 16日のSPで羽生は最終組1番手の25番滑走。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月15日のニュース