日本勢、冬季一日最多4メダル 17、20日もラッシュの期待

[ 2018年2月15日 05:30 ]

平昌冬季五輪 ( 2018年2月14日 )

平昌冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで銀メダルを獲得し、日の丸を掲げる小平(右)と銅メダルの高木美
Photo By 共同

 日本勢はこの日4個のメダルを獲得し、冬季五輪では一日の最多記録となった。これまでの記録は3個で、今大会の2月12日を含めて3例あった。

 今後もフィギュアスケート男子フリーやジャンプ男子ラージヒルが行われる17日、フリースタイルスキー女子ハーフパイプやノルディック複合個人ラージヒルが行われる20日に同日複数メダル獲得が期待される。夏季五輪では16年リオ大会で一日にメダル5個を獲得した日が2度あった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月15日のニュース