豪栄道「勝ち急いだ」 琴奨菊「脇が空いた…」2大関2連敗

[ 2015年3月14日 05:30 ]

大相撲春場所6日目

(3月13日 大阪・ボディメーカーコロシアム)
 初場所でカド番だった大関2人はともに4連勝から2連敗。豪栄道は左で張って前に出たものの、豪風の左へ回り込みながらの引きに屈した。「勝ち急いだ。でも、まだ先は長い。新しい気持ちでやりたい」と立て直しを誓った。

 琴奨菊は逸ノ城を一気に寄せきれず、逆襲された。「最後は(体が)浮いた。(右差しを許して)左の使い方が…脇が空いたら話にならない」と反省しきりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月14日のニュース