白鵬、照ノ富士ら7連勝 日馬と豊ノ島が1敗で追走

[ 2015年3月14日 19:39 ]

 大相撲春場所7日目(14日・大阪市ボディメーカーコロシアム)2横綱3大関は安泰だった。横綱白鵬は新小結玉鷲を豪快な上手投げで下して7戦全勝。千代の富士を抜いて単独史上2位の幕内808勝目を挙げた。横綱日馬富士は豪風を押し出して1敗を守った。

 大関豪栄道は逸ノ城を寄り切って、大関琴奨菊とともに5勝目。大関稀勢の里は碧山を寄り切って白星が先行した。新関脇照ノ富士は、新三役では75年ぶりの初日から7連勝をマークした。

 全勝は平幕の安美錦を含めた3人。1敗で日馬富士と豊ノ島が追う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月14日のニュース