渡辺 先発12得点で快勝 男子バスケ全米大学1部

[ 2015年3月14日 05:30 ]

 男子バスケットボールの全米大学1部、アトランティック10(14校所属)のカンファレンス選手権は12日にブルックリンで2回戦を行い、第6シードのジョージ・ワシントン大は73―55(前半40―27)でデュケイン大に快勝。13日の準々決勝では第3シードのロード・アイランド大と対戦する。

 日本選手初のNCAAトーナメント(全米大学選手権)出場を目指すジ大の渡辺雄太(20)は先発し、前半は3点シュートを2本決めるなどチーム最多の10得点。30分出場して12得点6リバウンド2アシストを挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月14日のニュース