菊池萌、横山は8位 世界選手権

[ 2015年3月14日 22:59 ]

 スピードスケート・ショートトラックの世界選手権第2日は14日、モスクワで行われ、女子1500メートルの菊池萌水(早大)は準決勝2組の2着で進んだ8人による決勝で最下位の8位だった。菊池萌は500メートルでは準々決勝3組4着で敗退した。

 男子1500メートルで横山大希(関学大)は準決勝3組5着となり、7~15位決定戦は2着で8位となった。

 女子3000メートルリレーの日本(酒井、斎藤、菊池萌、菊池純)は準決勝2組で2着に入り、15日の決勝に進んだ。

 13日の予選で敗れた選手による順位決定戦に回った女子の酒井裕唯(保健科学グループ)は1500メートルで21位となった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年3月14日のニュース