高見盛、意地の白星 幕下陥落決定的も8連敗で止めた

[ 2013年1月26日 06:00 ]

勝ち名乗りを受けた高見盛は天を仰ぐ

大相撲初場所13日目

(1月25日 両国国技館)
 既に9敗を喫し、幕下陥落が決定的な十両・高見盛が意地を見せた。木村山にいなされて、右ノド輪で上体をのけぞらされてもひるまず前に出て寄り切り。5日目からの連敗を8で止める4勝目。花道では、胸を張って引き揚げると「今は一生懸命やるだけ。それしか考えてない」としっかりとした口調で話した。

 幕下陥落なら、引退することを公言している。仮に6勝9敗(負け越し3点)で終えても原則的に番付が3枚以上落ちるため、十両残留は絶望的。周囲の目も厳しいものがあり、番付編成を担当する審判部の鏡山部長(元関脇・多賀竜)からは問題発言も飛び出した。「もうアウト、アウト、アウトだってのに。大丈夫だって。(高見盛は)6番勝たないから」。愛弟子で東十両14枚目の鏡桜は現在7勝6敗で残留が確定していない。負け越せば、4番目の降格をめぐって高見盛との争いとなる可能性もあり「そんなにうちの鏡桜を落としたいの?」と報道陣をけん制した。

 周囲の低評価を覆すためには、残り2日奇跡の連勝で締めるしかない。高見盛は「一つ勝ったぐらいで喜んでいられない」と早歩きで国技館を後にした。36歳の心は、まだ折れていない。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年1月26日のニュース