松田 入江に続くぞ!フェルプス抑え1位で決勝へ

[ 2011年7月27日 06:00 ]

男子200メートルバタフライ準決勝を1位で通過し、声援に応える松田丈志

水泳の世界選手権第11日

(7月26日 中国・上海)
 男子200メートルバタフライの準決勝2組でフェルプスを抑えた松田は「集中して泳げた。やってきた泳ぎができた」。

 100メートルまではフェルプスにリードされたが、徐々に追い上げ、後半は完全に一騎打ちの様相に。終盤も失速しなかった松田が0秒55の差をつけてゴールした。前回ローマ大会も準決勝を1位で通過したが、決勝は世界新記録を出したフェルプスに完敗して銅メダル。入江の銅メダルで弾みがついたという日本チームの主将は「僕も続きたい」と決勝に目を向けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年7月27日のニュース