先輩はインテリだったけど…早大出身・皇風「頭は使わない」

[ 2011年7月27日 17:40 ]

新十両に昇進し、ポーズをとる直江改め皇風
Photo By スポニチ

大相撲秋場所番付編成会議

 早大出身として78年ぶりの関取となった直江改め皇風。愛知県瀬戸市の尾車部屋宿舎で「実感がなくて夢のようです」と話した。

 78年前に関取となった早大の先輩、元関脇笠置山(出羽海部屋)は、当時常勝の双葉山に勝つために研究を重ねたインテリ力士として知られる。皇風は「頭は使わない。体が勝手に動くので」と笑うが、「さらに大学の名を大きくできるように」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2011年7月27日のニュース