総勢124人…女子プロゴルフが全国5カ所で募金活動

[ 2011年3月31日 20:33 ]

 日本女子プロゴルフ協会は31日、東日本大震災の被災者支援のため、小林浩美会長ら協会役員と選手の計124人が、4月3日に東京、名古屋、大阪、広島、福岡の全国5カ所で募金活動を行うと発表した。

 いずれも午後1時から2時間実施する予定で、東京では小林会長や昨季賞金女王のアン・ソンジュ選手(韓国)らが参加。大阪は福嶋晃子選手、広島は米ツアー元賞金女王の岡本綾子選手、福岡では横峯さくら、古閑美保両選手らが街頭に立つ。

 国内女子ツアーは震災発生後、4大会連続で中止されている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年3月31日のニュース