bjリーグの東 休止以外のチームがプレーオフ進出

[ 2011年3月31日 20:44 ]

 バスケットボール男子のbjリーグは31日、今季の順位決定方式を発表し、東日本大震災の影響で仙台、埼玉、東京が活動を休止した東カンファレンスは残る浜松・東三河、新潟、富山、秋田の4チームが4月30日からのプレーオフに進出することになった。

 プレーオフは計画停電の影響で会場が変わる可能性はあるが、予定通り開催する。西カンファレンスからは6チームが進出し、大阪、沖縄、福岡、滋賀、京都の5チームはすでに決まっている。

 仙台、埼玉、東京は活動を休止した時点での勝率が成績として残る。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年3月31日のニュース