青木&日野皓正&王会長が5月に慈善大会

[ 2011年3月31日 06:00 ]

<レジェンドチャリティプロアマ>チャリティイベントに向けて握手を交わす(左から)日野皓正、青木功、王貞治の各氏

 青木功(68)、トランペッターの日野皓正(68)、王貞治ソフトバンクホークス会長(70)の3人が発起人の「レジェンドチャリティープロアマ」が5月7、8日に千葉・麻倉GCで開催されることが30日、都内で発表された。

 過去2回は大会の収益をチャリティーとして病気に苦しむ子供たちへ送ってきたが、今回は東日本大震災の義援金に充てる。

 震災の影響で大会が中止になる可能性もあったが、周囲の理解を得て開催が決まった。前日29日に宮城県気仙沼市を訪れ、被災者のため炊き出しを行った青木は「子供たちに必要なものが直接、届くようにしたい。可能な限り全員に渡したい。みんなの力を合わせてやりたい」と大会の意義を強調。王会長も「少しでもお役に立ちたい」と話した。大会には石川遼、中嶋常幸、池田勇太らトッププロ28人、著名人28人を含む112人が出場する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年3月31日のニュース