メダル奪回戦略室に原田雅彦氏任命「経験豊富な力必要」

[ 2011年3月31日 17:41 ]

 全日本スキー連盟は31日の常務理事会で、2014年ソチ冬季五輪でのメダル獲得を目標に設置する「メダル奪回戦略室(仮称)」の5委員の1人に、長野五輪ジャンプ団体金メダリストの原田雅彦氏を任命することを決めた。室長は古川年正競技本部長。

 外部委員としてノルディック複合五輪金メダリストの荻原健司氏にも協力を求めるという。同本部長は「実際にメダルを取るということを知る経験豊富な彼らの力が必要」と説明した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年3月31日のニュース