×

横浜のFWアンデルソン・ロペスにJリーグ6試合の出場停止と60万円の罰金 唾吐き行為による一発退場

[ 2022年5月24日 19:36 ]

Jリーグ

 Jリーグは24日、21日のアウェー福岡戦で唾吐き行為により一発退場となった横浜のFWアンデルソン・ロペス(28)に対し、Jリーグ6試合の出場停止および60万円の罰金を科したと発表した。また横浜は独自の処分として、出場停止中に開催される天皇杯を出場停止とすることを決定。これによりアンデルソン・ロペスは最大でJリーグ6試合、天皇杯2試合(2回戦、3回戦)の計8試合で欠場を強いられることになった。

 かつて広島、札幌でもプレー経験のあるアンデルソン・ロペスは今季、中国1部の武漢から加入。ここまでリーグ戦は14試合に出場し、チームトップの7得点を記録するなど攻撃陣をけん引していた。エースFWの長期離脱はチームにとって大きな痛手となる。1メートル85の長身を誇るブラジル人FWはクラブを通じ「私の行為について、スタジアムに来場いただいた皆さま、ファン・サポーターの皆さま、サッカーに関わるすべての皆さまに心からお詫び申し上げます。今回の件を猛省し、処分をしっかりと受け止め、改めてまいります」(原文のまま)とコメントした。
 
 出場停止となるJリーグ6試合は次の通り。
 (1)5月25日、ホーム京都戦
 (2)5月29日、アウェー磐田戦
 (3)6月18日、アウェーG大阪戦
 (4)6月25日、ホーム柏戦
 (5)7月2日、アウェー清水戦
 (6)7月6日、ホーム広島戦

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月24日のニュース