×

U―21日本代表にMF松木ら21選手が選出 6月開幕のU―23アジア杯に出場

[ 2022年5月24日 14:49 ]

松木玖生
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は24日、U―23アジア杯(6月1日開幕、ウズベキスタン)に出場する、U―21日本代表21選手を発表した。

 3月に行われたU―23ドバイ杯に続き、MF松木玖生(19=FC東京)やDFチェイス・アンリ(18=シュツットガルト)らが飛び級で招集。海外組からはDF内野貴史(21=デュッセルドルフ)やMF斉藤光毅(20=ロンメル)らが選ばれた。

 大岩剛監督は「(U―21代表の)核となる選手が増えるような代表活動にしていきたい」と大会を展望した。選手登録は最大23人。残り2人はJリーグの過密日程を踏まえた上で、コンディションやチーム事情を考慮してあらためて発表される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月24日のニュース