×

横浜MF渡辺皓太 浦和戦の3失点を反省 さらなる成長誓う「自分でも物足りないと思っている」

[ 2022年5月19日 14:10 ]

19日の練習後、オンライン取材に応じた横浜MF渡辺皓太(C)Y.F.M
Photo By 提供写真

 横浜のMF渡辺皓太(23)が19日、練習後のオンライン取材に応じ、今後のさらなる成長を誓った。

 前日の浦和戦ではボランチで先発し、後半24分までプレー。チームは前半に3点のリードを奪いながらも、後半に3失点を喫しドローで連勝が3で止まった。

 渡辺は一夜明け「(後半は)集中して入ろうという話はあったけど、どこかで緩みがあって、立ち上がりに失点し、一気に相手の圧を感じたのかなと思います」とまさかの展開を振り返りつつ、「攻撃に入った時点で、ゴールに向かいすぎる部分があった。敵陣でもう少し相手を動かせれば、相手も嫌だったと思う。深く攻めたときに、一回我慢して、敵陣で握る時間を後半増やせたら、もう少し楽だったかなと思います。90分通して試合をコントロールできるように。そこはボランチの責任。2度とないようにやっていきたい」と課題を口にした。

 今季はここまでリーグ戦8試合に出場(先発は4試合)。その中で「ボールに関わることとかは、前の試合(14日の湘南戦)も良かったと思う」と手応えを示した一方で「リズムをつくりながら、勝負するパスをもっと出していかないと」と感じているという。

 今年1月の日本代表候補合宿に招集されるなど、さらなる飛躍が期待される23歳。今後へ「自分でも物足りないと思っている。誰が見ても“ああ違うな”という、そういう存在になりたい。もっともっとできると思っているし、今後、もっと自分のプレーに期待して欲しい。それに応えられるように、成長できるように頑張りたいと思います」と誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月19日のニュース