×

横浜FW西村拓真「自分の特徴を生かす意味で、今は最適」キャリア初のトップ下手応え

[ 2022年5月16日 15:17 ]

横浜・西村拓真
Photo By スポニチ

 横浜のFW西村拓真(25)が16日、練習後のオンライン取材に応じ、4連勝が懸かる18日のアウェー浦和戦に向けた意気込みなどを語った。

 西村は仙台から加入した今季、リーグ戦はここまで8試合に出場(先発は4試合)。FWアンデルソン・ロペスの6ゴールに次ぐチーム2位の4得点を決めている。

 ポジションは自身キャリア初ながら、「自分の特徴を生かす意味で、今は最適」というトップ下が大半を占める。その言葉通り、フル出場して2得点を決めた3月2日のホーム・神戸戦(〇2―0)では、今季ここまでJ1トップの走行距離13・56キロをマーク。首位突破したACL1次リーグでも豊富な運動量やスプリント力を生かして攻守に大きく貢献しており、西村自身も「新しく挑戦しているなかで、いろんな部分が出てきて、とても楽しいです」と手応えを感じている様子だ。

 ACL1次リーグ後のリーグ戦2試合では、今月7日の名古屋戦(〇2―1)に途中出場したものの、同14日の湘南戦(〇4―1)は出番なしに終わった。トップ下で先発が予想される浦和戦へ、背番号30は「個の能力が高い選手たちが集まっている強豪」と相手の印象を語り、「フレッシュな状態なので、しっかり次(の試合に)出て、頑張りたいです」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2022年5月16日のニュース