×

横浜“逆三角形”で逆転優勝だ トップ下2人、ボランチ1人の中盤陣形試行

[ 2021年10月8日 05:30 ]

横浜の前田(左)と仲川
Photo By スポニチ

 横浜は横浜市内で行った戦術練習で、トップ下2人、ボランチ1人となる逆三角形型の陣形を試した。

 中盤は通常、トップ下1人、ボランチ2人の三角形型だが「1人MFが入ることによって厚みが増える」とマスカット監督。サイドから崩すイメージなどを共有し「一つのオプションとして考えていく」と導入に前向きな姿勢を見せた。

 新布陣も取り入れながら、16日の札幌戦から再び首位・川崎F追い上げに入る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年10月8日のニュース