メッシ ペレ超えるA代表79得点、南米選手最多 ボリビア戦でハット

[ 2021年9月11日 05:30 ]

W杯南米予選   アルゼンチン3―0ボリビア ( 2021年9月9日 )

サッカーのW杯南米予選のボリビア戦後、南米選手権の優勝トロフィーを掲げるアルゼンチンのメッシ=ブエノスアイレス(ロイター)

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34=パリ・サンジェルマン)は9日、W杯南米予選のボリビア戦で3得点して代表通算得点を79に伸ばし、元ブラジル代表の「王様」ペレの77点を抜いて南米選手最多となった。

 前半14分、相手の股を抜く突破から、ミドルシュート。通算77得点で並ぶと、後半19、43分と決めて79ゴールまで伸ばした。地元サポーターには7月に28年ぶりに優勝した南米選手権のトロフィーも披露。「目標だったし、夢に描いていたんだ」と代表としての初のタイトルを分かち合い、涙ぐんだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月11日のニュース