MF三笘薫 大一番スペイン戦「自分の武器を出していきたい」

[ 2021年8月2日 13:03 ]

三笘薫
Photo By 共同

 東京五輪のサッカー男子日本代表MF三笘薫(24=川崎F)が2日、あす3日の準決勝スペイン代表戦(埼玉スタジアム)に向けてオンラインで取材対応した。決勝進出がかかる大一番を前に「ここまで守備が安定し、その上で少ないチャンスをものにしている。そのベースを大事にし、ボールを握った時に相手へ迫れるか自分の武器を出していきたい」と力を込めた。

 先月31日の準々決勝ニュージーランド代表戦(カシマスタジアム)では延長戦から途中出場。直後にFW上田綺世(22=鹿島)へスルーパスを供給したが、以降は存在感を出せずにPK戦に突入した。「満足いくプレーではなかった。結果を残せず、悔しい思いをしている」。今大会前に太腿の張りを訴え、別メニューでチームへ合流。1次リーグから途中出場が続いているが「自分の中では、少ない時間でも特徴を出せるプレーヤーだと思っている。残り2試合で出していきたい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年8月2日のニュース