五輪サッカーU24代表 死闘ニュージーランド戦視聴率26・9% 今大会サッカー日本戦1位

[ 2021年8月2日 09:33 ]

東京五輪第9日 サッカー男子準々決勝   日本0―0(PK4―2)ニュージーランド ( 2021年7月31日    カシマ )

<日本・ニュージーランド>PK戦を制して準決勝進出を決め、殊勲のGK谷に抱きつく日本の選手たち(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 NHKが31日に生中継した「東京オリンピック サッカー男子・準々決勝 日本-ニュージーランド」(後7・30~8・39)の平均世帯視聴率は26・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

 瞬間最高世帯視聴率は午後8時27分にマークした33・4%。

 時間帯ごとでは後5・45~6・45が13・9%、後8・39~8・55が20・0%を記録。22日に放送された「日本-南アフリカ」の後半にマークした25・1%を上回り、今大会サッカー日本戦1位の視聴率となった。

 U―24日本代表はカシマスタジアムでU―24ニュージーランド代表と対戦。0―0のまま突入したPK戦を4―2で制し、12年ロンドン大会以来となる2大会ぶりの4強入りを決めた。

 試合は延長に入っても決着つかず、PK戦ではGK谷が相手の2本目を止めるなど4―2で制した。68年メキシコ大会(銅メダル)以来、53年ぶり2度目のメダル獲得へ王手をかけ、準決勝では“金メダル候補” U―24スペイン代表と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年8月2日のニュース