なでしこ塩越 右MFで先発も見せ場つくれず「一喜一憂している暇はない」

[ 2021年7月22日 05:30 ]

東京五輪 女子サッカー1次リーグE組   日本1―1カナダ ( 2021年7月21日    札幌ドーム )

<日本・カナダ>前半、競り合う塩越(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 塩越は右MFで先発したが、見せ場をつくることはできなかった。A代表デビューを飾った6月の親善試合ウクライナ戦で2ゴール1アシストの活躍。土壇場での五輪メンバー入りを勝ち取り、“シンデレラガール”と呼ばれた。

 同サイドのDF清水とともに積極的に攻め込んだが、シュートを打つことはできず。初の世界大会に「ようやく立てた思いがある」とした上で「一喜一憂している暇はない。自分も貢献できるように頑張りたい」と24日の英国戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月22日のニュース