FW仲川輝人が横浜残留を決断!神戸大型オファーも…“横浜で再び優勝したい”

[ 2021年7月22日 17:15 ]

横浜FW仲川
Photo By スポニチ

 横浜のFW仲川輝人(28)が神戸の獲得オファーを断り、クラブに残ることを決めたことが22日、分かった。神戸からは日本代表FW古橋亨梧(26)がセルティックへ完全移籍する際の移籍金も活用した大型オファーを提示されていたが、横浜は2位からリーグ優勝へ追い上げるために不可欠な戦力として慰留。何より本人も愛着のある横浜で再び優勝したいという思いが強く、「残留」が決まったという。

 仲川は19年にJ1得点王とMVPに輝き15年ぶりリーグ制覇の立役者となった。今季はケガで離脱した時期もありながら、直近の10日の福岡戦では先発し、リーグ6連勝に貢献している。就任が決まったオーストラリア人のケビン・マスカット新監督の下で、さらなる活躍が期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月22日のニュース