なでしこ 視線は24日英国戦!ドロー発進から一夜明け、勝ち点1を「ポジティブに捉えたい」

[ 2021年7月22日 15:14 ]

なでしこジャパンの菅沢(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は21日、1次リーグ初戦のカナダ戦を1―1で終え、ドロー発進。それでも一夜明けた22日、オンライン取材に対応したDF南、FW菅沢はこの結果を揃って前向きに捉えた。

 先に取材に応じた南が「早い時間帯に失点してしまったのは、チームとしても個人としても反省しないと」と課題を挙げつつ「引き分けての勝ち点1は前向きに捉えて良いと思う」と強調すれば、菅沢も「引き分けで勝ち点1を獲れたことがポジティブに捉えて、次の試合に臨めれば」と同調した。

 第2戦は、24日に中2日で同じ札幌ドームで強豪英国と対戦。前線には初戦のチリ戦で2ゴールを決めたエースFWホワイトなど強力なメンバーを揃えている。南はそのホワイトについて「イギリスでは本当に一番注意しないといけない選手」と指摘。それでも「他にもスピードのある良い選手がいる」と強調した上で、「ホワイトばかりに気を取られていると、他の選手にやられてしまう。前線すべての選手を注意しないといけない」と、気を引き締めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年7月22日のニュース