川崎Fが大人気のレプリカユニホームの3次販売を開始

[ 2021年4月16日 19:07 ]

川崎F・三笘
Photo By スポニチ

 川崎Fがあす17日からレプリカユニホームの3次販売を開始する。選手たちがリーグ連覇を目指して戦っている今年のユニホームは、サポーターからの評判も例年以上に高いようで、2月6日にスタートした1次販売ではわずか2日間で完売。中でも白を基調とするセカンドユニホームは、即完売とかなりの人気を博しているという。

 今回の3次販売では、ファースト約2000枚、セカンド約200枚、GKユニホーム約280枚の計2480枚(全サイズを含め)を準備。販売場所は、本拠地・等々力競技場の最寄り駅としても知られるJR武蔵小杉駅から徒歩約1分のところにある川崎F公式グッズショップ「アズーロ・ネロ」。開始時間は午前11時半を予定している。
 担当者は「多くのサポーターに実際にユニホームを手に取っていただき、ショップの雰囲気等も楽しみながら購入していただきたいです。多くのサポーターが今年のユニホームを着てスタジアムで選手たちを応援している姿を楽しみにしております」と期待している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月16日のニュース