浦和ロドリゲス監督 4連勝を懸けるC大阪戦へ「チームの進化を見届けて下さい!」

[ 2021年4月16日 14:33 ]

オンライン取材に応じた浦和ロドリゲス監督

 浦和は17年以来4年ぶりの4連勝を懸けてアウェーのC大阪戦(18日)に臨む。リカルド・ロドリゲス監督(47)が16日、オンライン取材に応じ、上位進出へ意気込んだ。「良い方向に向かっているので連勝を続け、上位に入っていきたい。いい試合をお見せしたい。ファン、サポーターの皆さんはチームの進化を見届けて下さい」と呼びかけた。

 古巣の徳島戦(11日、1―0)で3連勝を飾り、自信は確信に変わりつつある。「あまりポゼッションができない試合でしたが、力強いプレスは出来ていた。前からのプレスで相手にチャンスを与えない、これが出来ればどの試合も勝つ可能性が出てくる。C大阪戦に勝てば、さらに上位に進める。現時点でもACL出場圏まで勝ち点4差に来ている、ポジティブな状況と思う」と話した。

 3日の鹿島戦から中盤の一角に入り、連勝に貢献して来たMF武田が前節、左足首を負傷した。メンバー選考については「攻撃面ではゲームメーク、守備ではプレスにしっかりいけること、どの選手が間のスペースを使え、背後のスペースを使えるか、組み合せを考えます。その選手たちがシンクロし、連動することが大事。誰と誰を組み合わせればはまるか、そのポイントを見るのも大事」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月16日のニュース