鹿島・相馬新監督 初陣で巻き返し第一歩だ、犬飼「練習からしっかりやる」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

相馬体制初陣に向け、練習から気合が入る鹿島・犬飼
Photo By スポニチ

 鹿島が“劇薬投与”を力に変える。15日、相馬直樹新監督(49)初陣となる17日のアウェー徳島戦に向けて鹿嶋市内で調整。DF犬飼智也(27)は「結局、選手が結果を出せていないから監督が責任を取る形になった。今いる人たちが責任を感じないと」と14日にザーゴ監督(51)が解任されたことを重く受け止めている。

 この日の紅白戦では新たな配置も試されるなど、監督交代で再び定位置争いが活性化してきた。犬飼は「監督が代わるということはまたゼロからになる。そこが一番分かりやすい変化。練習からしっかりやらないと、とみんな思っているし、自分もそれは思っている」。監督交代を契機に巻き返しへの一歩を刻む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月16日のニュース