浦和GK西川、最年少J1・500戦出場へ「楢崎さんに追いつき、追い越したい」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

次戦でJ1通算500戦出場となる浦和GK西川
Photo By 提供写真

 日本代表GKの浦和・西川が18日のアウェーC大阪戦で歴代最年少(34歳10カ月)でのJ1通算500戦出場を果たす。史上9人目でGKでは3人目の大台となるが「年齢は関係ないと感じているので楢崎さん(正剛、歴代2位、GK史上1位の631戦)に追いつき、追い越したい」と通過点を強調した。

 大分時代の05年7月、GKながらFKも蹴ったデビュー戦から16年。3戦連続完封と17年4月以来の4連勝で偉業に花を添える。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月16日のニュース