浦和&大分 コロナガイドライン違反で懲罰、一部サポーターが違反行為

[ 2021年2月23日 05:30 ]

2020年10月31日に行われた浦和ー大分戦の応援にかけつけた浦和サポーター
Photo By スポニチ

 Jリーグは22日、昨年10月31日の大分―浦和戦(昭和電ド)で一部サポーターに新型コロナ感染対応ガイドラインに違反する行為があったとして、浦和にけん責と罰金300万円、大分にけん責の懲罰を科した。

 浦和は全席指定の中、約40人のサポーターが立ち見で観戦、指笛などを鳴らす行為もあった。一方、大分は約10人のサポーターが浦和側へ突入を試みた。浦和では昨季、一部サポーターの違反行為が散見され、処分が重くなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月23日のニュース