メッシ バルサ単独最多リーグ506戦目、金字塔弾も痛恨ドロー

[ 2021年2月23日 05:30 ]

スペイン1部   バルセロナ1―1カディス ( 2021年2月21日 )

<バルセロナ・カディス>競り合うバルセロナのメッシ(AP)
Photo By AP

 スペイン1部バルセロナは21日、カディスと1―1で引き分けて連勝が7で止まった。

 FWメッシはクラブ史上単独最多となる506戦目のリーグ戦出場を果たし、前半32分にPK弾。白星で節目を飾るかと思われたが、後半44分にPKで失点した。ボール支配率81%でシュート数も21―3ながら、痛恨の引き分け。勝てば前日に敗れていた首位Aマドリードと勝ち点6差になっただけにDFピケは「優勝争いに戻るチャンスが」と嘆いた。ホームでカディス相手に白星を逃すのは、実に43年ぶり。ロナルド・クーマン監督は「凄く失望している」と漏らした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年2月23日のニュース