ロブレン マンUと“大一番”古巣リバプールに男気エール!負傷離脱ファンダイクと笑顔の再会にネット歓喜

[ 2021年1月18日 00:19 ]

ファンダイク(左)と笑顔でツーショット(ロブレン公式ツイッターから)

 ロシア1部ゼニト所属のクロアチア代表DFロブレン(31)がマンチェスターユナイテッドとの“大一番”に臨む古巣リバプールにエールを送った。

 ロブレンは17日、自身のツイッターでリバプールのオランダ代表DFファンダイク(29)とのツーショット写真を披露。「今日は元チームメートに会えて良かったよ。彼はひどいケガを負ってしまったが、これまで以上に強く見える。ブラザー!また最高の状態に戻れるはずさ。今日のダービーへ向けグッドラックLFC!私たちはあなたたちと共にある」と負傷離脱中のファンダイクにもエールを送りつつ、古巣へ男気メッセージを残した。

 これにリバプールファンがSNSで大盛り上がり。「最高のセンターバック2人だ」「2人の笑顔がたまらない」「私たちはあなたを愛してます」など感激のコメントが続々。中には「このゲームのためだけに戻ってきて下さい」など負傷者続出のDF陣を助けてほしいとばかり冗談まじりにチームへの“復帰”を求める声も上がっていた。

 リバプールは前節終了時点で暫定2位。今季のプレミアリーグは上位勢の差が少なく終盤までもつれること必至。ホームに勝ち点差3で首位マンチェスターユナイテッドを迎える今夜の“ナショナル・ダービー”は、まだリーグ中盤とはいえ今後の優勝争いを占う上で大きな注目に。キックオフは日本時間17日25時30分の予定だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月17日のニュース