柿谷曜一朗、新天地でも背番号8「柿谷は名古屋の選手と思ってもらえるように」

[ 2021年1月17日 15:00 ]

新体制発表会で壇上に上がった(左から)長沢、斎藤、柿谷
Photo By スポニチ

 名古屋は17日、豊田スタジアムで新体制発表会を開き、新加入選手が登場した。

 今オフはDF木本、森下、MF斎藤、長沢、FW柿谷とJ1各クラブから主力選手を獲得する大型補強を敢行した名古屋。C大阪から完全移籍で加わった柿谷は、新天地でも愛着ある背番号8を背負うことになり、サポーターを前で思いを語った。

 「(名古屋は)ゴール裏からの威圧感のある応援(が印象的)で、それが自分の味方になると思うと頼もしい。皆さんの驚く顔を見るのが好きなので、そういうプレーをたくさん見せられるようにしたい」

 サクラ色の背番号8から、赤の背番号8へ――。決意も口にした。

 「なじみのあるユニホーム、背番号をずっと着てきたけど、名古屋の8番、柿谷として一からサッカー選手をスタートする意味でも。全てにおいて、柿谷は名古屋の選手と思ってもらえるように、1日1日、頑張っていきたい」

 今年1月3日に31歳を迎えた天才肌のFWが、新天地で再出発を図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月17日のニュース