大型補強の名古屋が27人のメンバー披露 大垣勇樹は欧州クラブと交渉中

[ 2021年1月17日 15:25 ]

名古屋の新体制発表会で意気込みを語る柿谷(右)
Photo By スポニチ

 名古屋は17日、本拠の豊田スタジアムで新体制発表会を開いた。今オフに獲得したDF木本恭生、森下龍矢、MF斎藤学、長沢和輝、FW柿谷曜一朗、東海学園大から新加入となったMF児玉駿斗の6選手が参加した。

 リーグ戦などに加えてACLも戦う今季に向け、他クラブの主力5人を獲得する大型補強を敢行。新たな選手たちを迎え入れ、電光掲示板に表示された今季メンバーは計27人となった。

 なお、名古屋からJ3岩手への移籍期間が満了になったFW大垣勇樹に関して、大森SDは「ヨーロッパからレターが来ました」と欧州クラブと交渉中であることをサポーターの前で明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月17日のニュース