C大阪に危機…ヨニッチに中国からビッグオファー 背番号発表も「22」は空白

[ 2021年1月17日 05:00 ]

C大阪から上海申花に完全移籍となったマテイヨニッチ
Photo By スポニチ

 C大阪のDFマテイヨニッチ(29)が、今オフに退団する可能性が急浮上した。複数の関係者によると、昨季にチームの副主将を務めたセンターバックに対し、資金力のある中国のクラブから獲得オファーが届いていることが判明。必要不可欠な戦力としてC大阪側も全力で慰留に努めているが、提示している条件面は現状で中国のクラブが上回っているという。

 クロアチア出身で17年にKリーグ1部仁川から完全移籍で加わったヨニッチは、加入1年目に2冠に貢献すると、一昨年と昨年はフルタイム出場を果たした。DFリーダーとして堅守を支え、この4年間のリーグ戦で欠場したのは1試合のみという鉄人ぶりも発揮。17、19~20年にはJリーグの優秀選手賞を受賞するなど、J1屈指の助っ人として絶大な存在感を誇ってきた。

 レヴィー・クルピ監督が復帰するなど、体制が刷新される今季のC大阪にとっても欠かせない選手だけに、移籍が決まれば大きな痛手となることは必至。昨季に「このクラブは自分の家のような場所。今後もセレッソから出るつもりはない」と強い愛着を語っていたヨニッチだが、中国のクラブから破格の条件を提示されているとみられる。この日にC大阪から発表された今季の背番号で「22」は空白だった。

 ◆マテイヨニッチ 1991年1月29日生まれ、クロアチア出身の29歳。ハイデュク・スプリト、NKRUMAHザダル、オシエクを経て15年にKリーグ1部仁川へ加入し、主将も務める。17年に完全移籍でC大阪に加入。過去にU―19クロアチア代表などで出場歴を誇る。1メートル87、83キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年1月17日のニュース