J1昇格の徳島、ルーキーは“大物”ぞろい!MF大森「イニエスタ選手や三笘選手と対戦したい」

[ 2021年1月17日 18:56 ]

 今季7年ぶりにJ1昇格した徳島は17日、市内のホテルで新入団選手会見を行った。U―19代表MF藤田譲瑠チマ(18)や19年のU―20W杯に出場したFW宮代大聖(20)ら将来性の高い移籍組だけでなく、新卒にも特徴のある選手が揃った。

 FW鈴木輪太朗イブラヒーム(17=日大藤沢)は1メートル92の長身ストライカーで、MF大森博(18=修徳)もボランチにしては大型の1メートル86。FW西野太陽(18=京都橘)は先日開催された全国高校サッカー選手権大会で2得点を挙げており、GK後東尚輝(18=徳島ユース)は足元の技術に優れた地元出身選手だ。

 鈴木輪太朗は「高さを生かして貢献したい」。大森は「(神戸)イニエスタ選手や(川崎F)三笘選手と対戦したい」と大胆不敵。中学までやっていた水泳も得意という西野は「背後への抜け出しやゴール前でのアイデアを見て欲しい」と1年目からの出場を見据える。後東は「徳島の方々に勇気と感動を与えられれば」と地元愛を強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月17日のニュース