久保の欧州リーグ初陣、スペイン紙称賛「ここに久保あり!」「制御不能」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

欧州リーグ 1次リーグI組   ビリャレアル5-3シワススポル ( 2020年10月22日 )

シワススポル戦の前半、先制ゴールを決め、ガッツポーズするビリャレアルの久保(共同)
Photo By 共同

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が22日、欧州リーグ(EL)開幕戦のシワススポル(トルコ)戦に移籍後初先発し、フル出場。初めての舞台で初ゴールを含む1ゴール2アシストの結果を残して地元メディアから大絶賛を浴びた。

 スペイン地元紙はこぞって久保を称賛した。「ここに久保あり!」の見出しで活躍を報じたマルカ紙は「トップ下で制御不能のプレーを披露した」と評し、前半20分の1アシスト目については「パーフェクト」と絶賛。採点も3点満点の「2」。「2」はわずか3人だけで、途中出場で2ゴールを決め唯一の「3」だったアルカセルに次ぐ高評価を与えた。

 一方のアス紙はアルカセルと並び最高評価の「3」。1得点1アシストを記録した前半に関しては「最高の内容だった」と評し、後半に再びアシストを記録したことには「満足する様子は全くなかった」と貪欲な姿勢も高く評価された。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月24日のニュース