香川真司 サラゴサ退団に合意 新天地もスペイン熱望

[ 2020年9月28日 05:30 ]

スペイン2部サラゴサの香川真司
Photo By スポニチ

 スペイン2部サラゴサで選手登録を外れ、事実上の戦力外となったMF香川真司(31)が、クラブとの退団交渉で合意に達したと27日付の地元紙アス(電子版)が報じた。あと1年残っている契約を解除し、今季分の年俸55万ユーロ(約6765万円)を今後3年間の分割で受け取ることになる。

 今後の焦点は新天地だが、スペインでは有力なオファーが届いていない。一方でカタールのクラブからは税引き後で年俸300万ユーロ(約3億6900万円)という高額オファーを提示されているものの、香川はスペインでプレーし続けることを熱望しているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月28日のニュース