横浜 復帰の仲川、3得点絡むも再び大腿裏負傷 ラストプレーで…試合後は担架

[ 2020年9月28日 05:30 ]

明治安田生命J1第19節   横浜3―1柏 ( 2020年9月27日    三協F柏 )

<柏・横浜>試合後、担架で運ばれる横浜・仲川(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは各地で6試合が行われ、横浜はアウェーで柏に3―1と逆転勝利し、4試合連続となる3得点で今季初の4連勝とした。太腿裏の負傷から3試合ぶりに復帰したFW仲川輝人(28)は、後半開始から出場し、全3得点に絡む活躍。だがラストプレーで再び太腿裏を負傷し、30日の次節ホーム鳥栖戦の出場に黄信号がともった。

 復帰明けの仲川が途中出場から主役となった。「相手にとって嫌な動きをしていければチームも勢いづく」と話した背番号23。まずは0―1の後半32分、素早いスプリントからFWエリキの5試合連続ゴールをアシスト。5分後にはDFと競ってオウンゴールを誘発し、最後はクロスでFW前田のダメ押し点を演出した。DFラインの背後のスペースを活用する狙いで投入され、フル回転した。

 だがラストプレーで悪夢が襲った。ティーラトンからのパスに走り込み、ライン際のボールを蹴り出したところで再び太腿裏を負傷。試合後は担架で運ばれた。5連勝を狙う鳥栖戦への代償は大きいが、ポステコグルー監督は「素晴らしい内容で試合を終わらせることができた」と絶賛した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月28日のニュース