鹿島 8連勝ならず 指揮官「連勝がホームで止まったのは寂しい」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

明治安田生命J1第19節   鹿島0―2大分 ( 2020年9月27日    カシマ )

<鹿島・大分>連勝が止まり肩を落とす鹿島イレブン(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 鹿島は11年ぶりのリーグ8連勝はならなかった。

 後半12分に6試合ぶりとなる先制点を奪われてからは終始相手ペース。ザーゴ監督はFW上田、MF荒木らアタッカーを次々に投入したが最後までゴールが遠く、無得点での敗戦は8月19日の横浜FC戦以来9試合ぶりとなった。指揮官は「連勝がホームで止まったのは寂しい」と肩を落としつつも、「これで終わりではない」と次節を見据え、気持ちを切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月28日のニュース