FC東京 指揮官も白旗「完敗です」 V戦線一歩後退

[ 2020年9月28日 05:30 ]

明治安田生命J1第19節   FC東京0―3鳥栖 ( 2020年9月27日    駅スタ )

<鳥栖・FC東京>下位チームの鳥栖に敗れ肩を落とすFC東京イレブン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 FC東京は長谷川監督が「鳥栖が全ての面で上回った。完敗です」と認める零敗だった。

 前半26分に中央を崩されて先制されると、後半14分に2失点目。同29分には試合を決定づける3点目を奪われ、日本代表DF渡辺は「球際、セカンドボールで負けた結果が今日のスコアになった」と肩を落とした。これで昨季から鳥栖に3連敗。今季は5勝5分けと負けなしだったアウェー戦で初黒星がつき、優勝戦線から一歩後退した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月28日のニュース