大分 敵地で雪辱2発!指揮官「覚悟を持って臨んだ。選手を誇りに思う」

[ 2020年9月28日 05:30 ]

明治安田生命J1第19節   大分2―0鹿島 ( 2020年9月27日    カシマ )

<鹿島・大分>後半35分、高沢(31)がゴールを決めて大分が突き放す(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 大分は8月の対戦で鹿島に1―4と大敗した雪辱を敵地で果たした。

 素早い帰陣やゴール前での粘りで失点を防ぎ、隙を突いて2得点。片野坂監督は「覚悟を持って臨んだ。選手を誇りに思う」と称えた。後半12分に小塚が今季初ゴールで先制。さらに高沢が相手守備の背後を突いてリードを広げた。高沢は「一回負けた相手に、次は負けないようにと(監督から)言われていた。勝てたことはプラス」と胸を張った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月28日のニュース