柏・オルンガ 不発も年34試合制ではJ1歴代トップの16得点で折り返し

[ 2020年9月19日 22:13 ]

明治安田生命J1第17節   柏1―1広島 ( 2020年9月19日    三協F柏 )

<柏・広島>後半、シュートを放つ柏・オルンガ(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 柏の怪物FWオルンガ(26)は、自身今季2度目の出場4戦連発はならなかった。

 ホームで広島に1―1のドロー。再三の決定機を決めきることができず、7戦連発で途絶えた先月23日のアウェー大分戦ぶりの不発に終わった。それでも、J1では年間34試合制となった2005年以降、歴代トップの16得点で前半戦を折り返し。ネルシーニョ監督(70)は「攻撃の形を作り、チャンスは作れた。決めきることができずに引き分けとなったが、選手は終始、戦う姿勢を見せてくれた」と称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年9月19日のニュース