C大阪 クラブ記録の7連勝へ 増えるホームの声援が後押し

[ 2020年9月19日 05:30 ]

 C大阪は19日の鹿島戦(ヤンマー)から、収容人数の上限が8100人に変更される。

 これまで封鎖されていたアウェー側のゴール裏も指定席として開放され、入場口は2カ所から3カ所に。すでにチケットは6000枚以上が売れており、観客数はこれまでの上限だった5000人を上回る見通しで、違反行為などに対する警備スタッフが新たに20~30人配置される。

 リーグ戦のホームゲームで鹿島に7連敗中ながら、クラブ記録に並ぶ7連勝が懸かる一戦。より多くなった声援を味方に、J1通算ホーム150勝を飾る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月19日のニュース