D・シルバ、ユーベ移籍急浮上 ピルロ監督の意向 伊メディア報じる

[ 2020年8月14日 14:23 ]

 19~20年シーズン限りでマンチェスターCを退団する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)が来季、リーグ9連覇中のイタリアの名門ユベントスに移籍する可能性が急浮上した。13日にイタリアのテレビ局「スポーツメディアセット」が報じた。

 同局よれば、シルバはユベントスと同じセリエAのラツィオと年俸300万ユーロ(3億7200万円))の3年契約で合意に達し、あとは契約書にサインするのみだったという。だが、最終段階でユベントスが突如介入。サリ前監督を継いで新指揮官に就任したばかりの元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ監督がかねて高く評価しており、来季のチームに迎え入れたい意向でシルバの代理人サイドとも既に接触したという。

 シルバは左利きの世界的ドリブラー。長きにわたりスペイン代表でも活躍し、08、12年と2度の欧州選手権優勝に貢献。10年W杯南アフリカ大会では現神戸のイニエスタらとともに、母国初Vのメンバーとなった。今季限りでのマンチェスターC退団が既に決定した中、神戸、札幌、FC東京を始めJリーグ入りの噂も浮上していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年8月14日のニュース