J2京都、今季初スタメンのFW野田が2戦連発

[ 2020年7月11日 22:23 ]

明治安田生命J2リーグ第4節   京都2―0福岡 ( 2020年7月11日    サンガS )

 有観客試合では初めてとなる新本拠地戦で、今季初スタメンのFW野田隆之介が大きな仕事をやってのけた。前半34分、攻撃参加してきたDFヨルディ・バイスのクロスに合わせて先制点。途中出場で得点した前節・徳島戦に続く2試合連発で、2試合ぶりの勝ち点3奪取に貢献した。

 「良いボールが入ってきて、皆と喜びを分かち合えて良かった」

 この試合から観客を入れての公式戦が解禁。3000人を超えるサポーターが集った。湘南に在籍した昨年9月29日・清水戦以来のスタメンで「ファン・サポーターも入っていて少し緊張があった」と明かしつつ「期待に応えたかった」と力を込めた。コンディションが万全ではなく、ここからの連戦を見据えてベンチ外になったFW宮吉に代わる抜擢に奮い立った。

 次戦は敵地で北九州戦。「リカバリーをしっかりして、チーム一丸で勝利できるようにしたい」。リーグ再開後は2勝1分けと負けなし。さらに勢いを付けるためにも、まずは今季初の2連勝を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月11日のニュース