神戸・藤本 誓った「元気弾」 豪雨被害の九州で古巣・大分と激突

[ 2020年7月11日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる藤本(C)VISSEL KOBE
Photo By 提供写真

 J1は、11日の2試合から観客の上限を5000人とした有観客試合を開催する。神戸は10日、大分戦(昭和電ド)に向けて非公開調整。オンラインで取材に応じたFW藤本憲明(30)は、古巣との対戦へ意欲を語るとともに、豪雨の被害に遭っている九州に勇気を届けることを誓った。

 育ててもらった九州を思い、藤本が言葉に力を込めた。昨夏まで所属していた大分との一戦を控え、非公開練習後にオンラインで取材対応。かつて暮らした場所が記録的な大雨により被害に遭っている中、その地で戦うことに特別な感情があった。

 「自分たちはサッカーで見せることしかできない。九州全体が大変な時期。九州で(試合を)できることに感謝しないといけないし、大分も大変な地域がある中で試合を開催してもらえる。自分自身の大分への思いもあるし、結果で応えたい」

 16年から鹿児島(当時J3)に所属。18年に大分へと移籍し、昨季開幕からゴールを量産したことで神戸からオファーを受けた。九州で飛躍を遂げたストライカーは今、史上4人目となるJ3、J2、J1全カテゴリーでの通算2桁得点に王手をかけている。

 この第4節から、J1も観衆5000人を上限とした有観客試合となるだけに、昨夏まで後押しを受けていたサポーターもスタジアムに駆けつける。

 「大分のサポーターに自分が活躍している姿を見せるチャンス。ゴールという形で神戸を勝たせることが、サポーターに向けた恩返しにもなる」

 アウェー鳥栖戦から中2日。敵地に再び当日移動という過酷な状況でも、気持ちは奮い立っている。 (西海 康平)

 《フィンク監督はACL再開を歓迎》10月16日からACLの集中開催による再開が決まったことを受け、フィンク監督は「うれしい」と喜んだ。クラブとしてアジアNo・1を目標に掲げる中、中止も懸念されていただけに「我々が戦いたい、優勝したい大会だから」と続けた。同時期に予定されていたリーグ戦の日程変更も発表され、公式戦は8月に7試合、9月に9試合を戦うことが決定。超がつく過密日程を前に「ACL出場がリーグ戦の順位に影響を及ぼすかは注目されるが、それはまたその時(10月)に話しましょう」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月11日のニュース